脳腸相関って?

脳腸相関

脳と腸が密接につながり、相互にかかわっている関係を「脳腸相関」と言います。
このことは、脳か腸のどちらか一方の調子が悪くなると、他方に影響し悪循環が起きることを意味します。

腸が脳に与える影響

腸の不調が脳に与える影響の一つに、幸せホルモンと呼ばれているセロトニンがあります。
セロトニンは脳内伝達物質の一つで、精神の安定や安らぎをもたらしてくれる物質です。

セロトニンは腸に多く分布していますが、腸のセロトニンは血液脳関門を通過できないため脳には届きません。そのため、脳内のセロトニンは脳内で生成しなくてはなりません。

セロトニンの生成には主材料のトリプトファンと補酵素として働くビタミンB群が必要です。
トリプトファンは、肉や魚、豆類などに含まれるタンパク質から分解される必須アミノ酸です。

人間の体内では生成できないので、食品から摂る必要があります。
腸内環境が悪くなるとタンパク質の分解効率の悪化やトリプトファンが吸収されにくくなります。

ビタミン類は野菜や果物に豊富に含まれていますが、そうした食品からビタミン類を取り出す役割の一端を担っているのが腸内細菌です。

腸内環境が悪いと、腸内細菌によって食品からビタミン類を取り出す能力が低下するため、ビタミン類が不足します。

腸内環境の悪化で起こるトリプトファンとビタミン類の不足が、脳内のセロトニンが不足する原因と考えられています。

セロトニンが不足すると、イライラしやすくなったり、やる気が出ない、精神的な不安定、不眠などの症状が出やすくなります。

脳が腸に与える影響

脳内のセロトニンは、脳内の中枢神経系や自律神経系に広く影響を与えています。

腸の働きは自律神経系によって支配されているため、自律神経系が乱れると、腸の働きも乱れて、下痢や便秘などを起こしやすくなります。

自律神経系の正常な働きを保つにはセロトニンが関係しているので、脳内でセロトニンが不足すれば自律神経系も乱また、大切な試験の前や人前でスピーチをする前に、お腹が痛くなったり、下痢をしたり、トイレに行きたくなった経れやすくなります。

このように脳内のセロトニンが自律神経系を介して、腸の働きにも影響を与えているのです。 験をされた方も多いと思います。

過度なストレスにより自律神経が乱れて、交感神経が優位になると、副交感神経によってコントロールされている腸の働きが悪くなり、腹痛や下痢や便秘等を引き起こします。

腸の働きを健康にするには、自律神経を整えることが重要です。

最先端骨格矯正でのアプローチ

良好な脳腸相関を作るためには、悪循環を解消する必要があります。
食事に気をつけて、発酵食品や食物繊維を摂取し、規則正しい生活や適度な運動などを行っても、腸内環境や精神的ストレスが改善されない方は、骨格の歪みにより自律神経が不安定になっている場合があります。

上図のように上部頸椎(頭に近いところ)には、自律神経をコントロールしている脳幹があります。

上部頸椎の歪みにより脳幹の機能が著しく低下して、自律神経のバランスが崩れ、腸の働きが悪化します。

ハルキュアでは骨格を正常な位置に戻すことで、自律神経を整えて、脳腸相関の乱れを整えます。

ストレートネックは大丈夫?

ストレートネックをチェック


 

兵庫県神戸市中央区二宮町4-23-5-102

料金については

こちらでご確認ください

営業時間
月曜日     8:00~20:00
火曜日     8:00~18:00
木曜日     8:00~20:00
金曜日     8:00~18:00
土曜日     9:00~14:00
日曜日     9:00~13:00
水曜・祝日     定休日